日本人が英語を話せないのは授業内容のせい?

もうずいぶん以前から、中学、高校の6年間も英語を勉強しているのに、日本人は英語を話せないというのが問題になっていて、そして、それは授業に問題があるように言われてきたけれど、ちょっと違うんじゃないかと思い始めています。
たとえば、九々を覚えていなかったら、それは授業内容のせいではなく生徒本人が悪いと言われるだろうし、因数分解ができないのは授業のせいだ!という人はいないのに、何故英語ばかりが授業内容のせいにされるのか。確かに英語の授業は読み書き中心だったけれど、文法がきちんと身についていて、教科書レベルの語彙もちゃんと覚えている優秀な生徒だった友人は、一緒に旅行した先で、それなりに英語を話せていました。
英語が話せないのは、自分の勉強不足もあるはず。そもそも日本でごく普通に暮らしている分には日常生活で英語を使うことなんてないから、どんどん忘れるし、それは、数学や漢文についても同じことです。なのに英語についてだけ、授業のあり方を問題にするのは、何だかおかしなことだと思います。
私が学生の時代は、今のように英語の先生が外国人で、直に本物の英語の発音を聞く事もできませんでした。
そのため、社会人になって外国人から話しかけられる機会があっても、全く受け答えする勇気がでませんでした。
日本人が英語が苦手な理由は、文法が根本的に違う点もあると思いますが、リアルタイムで英語で会話をする機会が非常に少ないからだと思います。
英語が話せない人が海外生活を始めても、徐々に話せるようになるのは、耳から直接入ってきて、それが日常になるからだと思います。
最近では小学生から英語が科目に加えられて、身近なものになりつつあります。
また、インターネットの普及で、色々な人と簡単に交流できるようになり、英語でコミュニケーションをとる機会が増えて、垣根が低くなっていると思います。
難しい文法を気にしなくても、何通りかの単語を覚えるだけで、英会話ができるようになったという話も聞きます。
私自身も海外の人とのコミュニケーションに憧れて、アプリケーションで学習した経験もあります。
日本人にとって、英語がもっと日常のものになって、言葉の違いに隔てられることなく、世界中の人たちと交流できるようになることは、これからの時代には、とても必要な事だと思っています。
今後は、英語だけでなく韓国語や翻訳の勉強していこうと思っています。

PR|童話|家計見直しクラブ|ショッピングカート|内職 アルバイト
|女性向けエステ.com|オーディオ|貯蓄|ショッピングカート|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|超SEO対策|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|